2016年01月14日

只今、過熱水蒸気の検証テスト準備中

只今、準備中してまして。。
とにかく結果を出したいの一言です
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=8231
Live1.jpgLive2.jpg

【MINI COFFEE】
好評発売中。(販売期間:~1/31まで)
50gのミニサイズを送料込で販売しております。

当店の珈琲を試飲したい方、ちょっと贅沢な気分を味わいたい方にお薦めです。
※焙煎所:フレーバーコーヒー店頭でも販売しております。
http://directfireroast-tamaki.jp/?page_id=7592
スクリーンショット 2015-12-08 17.56.54.png


posted by DirectFireRoast 環 at 21:08| Comment(0) | 焙煎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

テスト焙煎追い込み

神戸からダッシュで戻り、テスト焙煎追い込みかけてます。
詳細は、HPでご確認くださいませ。
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=6844
IMG_3581.JPG

今月は、「インドネシア月間」です。
【TopNotch】
珍重されているコピ・ルアクの登場!勿論、アラビカ種100%。
ルアクが完熟豆だけを食すことにより、未成熟豆の混入が極めて少なく、クリーンカップ。
甘い中国茶やハーブ茶を想わせる独特な香がフレーバーを複雑にして、実に麗しい。
2ハゼ直前まで焙煎を延ばして、スパイシーな甘さを引き出しました。
本物のコピ・ルアクをお楽しみ下さい。
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=5570
10TopNotch_KopiLuwak[1].jpg

【Superb】
インドネシア・アチェセット
今後は焙煎が作り出す香味をお届けしていく予定ですが、その第1弾です。
オープン時に販売したインドネシアセットに比べて、深めの焙煎に仕上げました。
テーマは、「上質な苦味」。

ゲガラン
微かにスモーキーでスパイシーな香。
ほのかな酸味と芳ばしさを伴った甘味と苦味、そして、豊かなボディーが織り成すハーモニーは
まさにビターチョコレート。シナモンのような余韻がアクセントとなっています。
マンデリンの特徴であるアーシーな甘味と上質な苦味をお楽しみ下さい。

アルール・バダ
スパイシーな柑橘系の香がマンデリンらしくエキゾチック。
ブライトな酸味の後に苦味が加わって、グレープフルーツのようです。
やや軽めなボディーにハーブのフレーバーが加わり、どこか爽やかな印象です。
冷めると、洋梨のような甘さが増し、余韻はまさにスイートアーシー。
ゲガランよりやや浅めに焙煎してご賞味頂くことに致しました。
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=5602
Aceh-e1439747455690.jpg
posted by DirectFireRoast 環 at 23:38| Comment(0) | 焙煎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

深煎りの焙煎を磨澄しています。

夜な夜な焙煎してます。
どんなことをしているかは、HPでご確認くださいませ。
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=6371
IMG_3390.JPG

【TopNotch】
日本で高級珈琲として親しまれているハワイコナ。ティピカ種100%。
今回の焙煎のテーマ「酸味」を綺麗に引き出すことが出来ました。
サンセットビーチに吹く風が焼けた素肌に涼しげに感じるかのように
爽やかで心地良い酸味をお楽しみ下さい。
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=5926
HawaiiKona2014_0616.png

【Superb】
ブルンジセット
Cup Of Excellence開催国10カ国目はブルンジ。COE2013とCOE2014のセットです。
スパイシーな甘い香が特徴です。飲み比べるとCOEの順位の差を実感頂けます。
ブルンジは知名度が低いですが、今後、さらに伸びていく可能性を秘めてます。
ブルンジの大地が作り出した香味をご賞味ください。
COE2013は、黒糖のような甘さが魅力的な珈琲です。
COE2014は、COE2013よりフローラルやフルーツ感を引き出しました。
ジューシーさをお楽しみにください。
http://directfireroast-tamaki.jp/?p=4263
Burundi.png
posted by DirectFireRoast 環 at 02:33| Comment(0) | 焙煎風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする